アスベストの被害・障害を防止する建築物石綿含有建材調査者

建築物石綿含有建材調査者とはどんな仕事ですか?

建築物に使用されている石綿に起因して発生する健康被害及び健康障害を未然に防止するため、通常使用時における建築物に使用されている石綿含有建材等に関する調査を精密・正確に実施する専門家の育成が求められており、調査対象となる民間建築物の合計は、280万棟とも推定されています。今後、正確かつ精度の高い調査の実施者を増やしていくことが大きな課題となっています。建築物石綿含有建材調査者とは、中立かつ公正に正確な調査を行うことができる建築物石綿含有建材調査者の育成を図ることを目的としており、2014年に創設されました。建築関連業者などおいて石綿除去業や解体工事業、石綿に関する測定・分析業などに従事している者は取得することを推奨します。内壁、天井、床、屋根、煙突などに使用されている成形板や建材などについて、日本工業規格A1481-1、A1481-2もしくはA1482-3、またはこれと同等以上の精度を有する方法を用いて、石綿含有の有無の判断、石綿含有率の分析、ばく露防止措置などを業務として行います。

難易度:易しい

合格率83.2%程度

受講資格はありますか?

1.学校教育法による大学(短期大学を除く。)において、正規の建築学又はこれに相当する課程を修めて卒業した者で、卒業後の建築に関する実務経験年数2年以上の者。

2.学校教育法による短期大学において、正規の建築学又はこれに相当する修業3年の課程(夜間において授業を行うものを除く。)を修めて卒業した者で、卒業後の建築に関する実務経験年数3年以上の者。

3.「2.」に該当する者を除き、学校教育法による短期大学又は高等専門学校において、正規の建築学又はこれに相当する課程を修めて卒業した者で、卒業後の建築に関する実務経験年数4年以上の者。

4.学校教育法による高等学校又は中等教育学校において、正規の建築学又はこれに相当する課程を修めて卒業した者で、卒業後の建築に関する実務経験年数7年以上の者。

5.1.~4.に該当しない者(学歴不問)で、卒業後の建築に関する実務経験年数 11年以上の者。

6.建築行政に関する実務経験年数2年以上の者。

7.「1.~6.」と同等以上の知識及び経験を有する者で、石綿含有建材の調査に関する実務経験年数5年以上の者。

8.7.と同等以上の知識及び経験を有する者。(提出された実務経験証明書をもとに別途審査されます。)

講習会はどんな内容ですか?

講習会は5日間行われ、講義・実地研修・修了考査に分かれます。

講義

最初の二日間は建築物石綿含有建材調査に関する講義を受講します。

それぞれの内容は下記の通りです。

1日目
  • 建築物石綿含有建材調査に関する基礎知識(2時間)
  • 石綿含有建材の建築図面調査(3時間)
  • 現場調査の実際と留意点2(1時間)
2日目
  • 現場調査の実際と留意点1(1時間)
  • 建築物石綿含有建材調査報告書の作成(1時間)
  • 成形板等の調査(1時間)

実地研修

3日目に実施し、現在使用中の建築物を使った模擬調査演習を3時間程度行います。

修了考査(4日目と5日目)

4日目は口述試験が20分間行われます。

5日目は筆記試験(マークシート/1時間)と調査票試験(1時間)が行われます。

合格基準はありますか?

修了考査の「口述試験」、「筆記試験」(マークシート)、「調査票試験」の全てにおいて、

満点中、60%以上の得点率で合格となります。

科目等の免除制度はありますか?

修了考査の「口述試験」、「筆記試験」(マークシート)、「調査票試験」の1~2科目の得点が

「60%以上」の得点した場合は一部合格となり、受験日の翌年度末まで合格科目が免除されます。

願書申込み受付期間はいつですか?

受講地により日程が異なるため、詳しくは、実施団体ホームページをご参照下さい。

試験はいつ行われますか?

年1~3程度実施され、受講地により日程が異なります。

詳しくは、実施団体のホームページをご参照ください。

受験地はどこになりますか?

札幌、川崎、大野城、岡山、大阪、仙台、名古屋の7カ所です。

受講料はいくらですか?

テキスト代を含み、税込みにて118,800円となります。

合格発表はいつですか?

3月上旬頃と10月上旬頃に発表されます。

合格後、資格の更新は必要ですか?

建築物石綿含有建材調査者の有効期間は5年間です。

更新には有効期間満了までに講習を受ける必要があります。

お問合せ先

一般財団法人 日本環境衛生センター 研修広報部研修事業課 石綿講習チーム

電話番号:044-288-4919

ホームページ:http://www.jesc.or.jp/

まとめ

アスベストによる健康被害および健康障害は大きな注目を浴びています。がんによる死者も出ており、労災の対象にもなっています。この建築物石綿含有建材調査者は日本で初めて創設された石綿調査の公的資格制度です。国土交通省社会資本整備審議会建築分科会アスベスト対策部会において、将来的には建築物の調査・除去等に係る国庫補助に当たり調査者の資格を付与された者が調査を行うことなどが、今後の検討課題として挙げられています。この資格を有する調査者は今後、活躍の舞台が広がっていくものと思われます。石綿の関連疾患とリスク、建築物の構造・建材等に関する知識を学び、被害の拡大および飛散防止に有効活用し、国民の健康を守る任務を担い、より豊かで住みよい街作りに貢献しましょう。

shikakushikenmatome物流を支える倉庫管理主任者

shikakushikenmatome自衛消防技術試験

関連記事

  1. 幼児食資格

    ベビーフードインストラクター認定試験口コミ評判

    赤ちゃんに食べさせるベビーフードについて、子育て経験のある方なら一度は頭を悩ませたことがあるのではな…

  2. 音楽療法士

    音楽資格おススメ比較ランキング

    「音を楽しむ」ことが「音楽」、ともいわれるように、心の安らぎのみならず、時には高揚感を、時には激しい…

  3. 温泉資格

    温泉観光資格人気ランキング

    温泉大国である日本にとって、温泉は古くから日本人の健康面を支えてきた身近な文化であると同時に、世界に…

  4. 西洋占星術ホロスコープ

    西洋占星術アドバイザー口コミ評判

    西洋占星術アドバイザーとは西洋占星術アドバイザーとは、西洋占星術の歴史や知識を理解した上で、相手…

  5. 手作り石鹼

    コールド・プロセスソープマイスター口コミ評判

    コールド・プロセスソープマイスターとはコールドプロセスソープは、1カ月以上自然乾燥をした後、熟成…

  6. お茶

    日本茶・お茶資格人気ランキング

    2013年、「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコの無形文化遺産に登録されたのを契機に、欧米諸国…

  7. 手紙の書き方

    レターライティングマスター口コミ評判

    レターライティングマスターとは日本語は美しい言葉遣いと認識され、外国人が積極的に覚えようとしてい…

  8. ハウスクリーニング掃除

    日本インストラクター協会クリーニングインストラクター認定試験口コ…

    大人気クリーニングインストラクターに注目!掃除をすることは、とても気持ちの良いことですよね。…

資格試験の特集

資格ランキング

PAGE TOP