エスニック料理資格人気ランキング

最近、色々と街中でエスニック料理を見かけるようになりました。エスニック料理と偏に言ってもアジアン料理、欧米料理など種類は色々です。今回は、エスニック料理資格の人気ランキングと資格内容をご紹介します。

第1位:エスニック料理ソムリエ

エスニック料理ソムリエは、日本安全食料料理協会が認定している資格です。人気ランキング1位にランクインしています。 、エスニック料理の各地域の気候と風土、宗教や文化、食文化、食材に関する知識を持っていることが証明されます。

例えば、インドネシア料理は、大きく別けてバリ料理、ジャワ料理、スンダ料理、マカッサル料理、マナド料理などがあります。全体的に香辛料と揚げ物料理が中心ですが、煮込んだ食材を再び油で揚げるなどの変わり種の料理もあります。

他にはタイでは日本と同じ米食が中心です。香辛料をよく使い、魚醤というタイ独特の調味料を使います。また、ベトナムでは、中国とフランスの文化が融合していて、香辛料は強くない日本人の口に合う味です。このようなエスニック料理は日本でも人気が高まっています。

他にもトムヤムクンは、タイの料理ですが、辛さと酸味と塩味などが混ざった味として知られています。エスニック料理ソムリエは、こうしたアジアなどの香辛料を使った、その地域の野菜、肉類や果物などから、料理名、使われる食材の種類や、テーブルマナーまでを含めた、幅広い知識を必要としています。また料理の知識だけではなく、その国の文化や気候、郷土料理とそのアレンジへの知識も必要としています。またエスニック料理の場合は、日本と同じ米が食材に使われますが、日本とは全く異なる調理法を使うことが多いです。

欧米料理で米はあまり使われませんが、エスニックでは、米自体が主となるケースがほとんどで、また、食べ方の違いも熟知している事も必要です。

資格取得後は、飲食店での活躍や自宅で教室を開いたり、スクールのインストラクターとしての活躍が期待できます。
受験資格に制限が設けられていないのと偶数月に試験を開催しているのでスケジュール調整して受けやすい資格と言えます。自宅での受験となりますので自身のペースに合わせて受験できる手軽さがあります。

第2位:アジア料理インストラクター

アジア料理インストラクターは、 日本インストラクター技術協会が主催している資格試験です。各地域のレシピや食材、調理方法に関する幅広い知識があることが証明されます。日本にある一般的な外食メニューとは異なり、日本国内ではなかなか食べる機会の無い、アジア、中近東、西アジア中心の料理のインストラクターです。

受験資格に制限はありませんので受験しやすい資格です。また、偶数月で試験を開催しており、自宅受験ですのでスケジュールに合わせて受験することができます。資格取得後は自宅で料理教室を開いたり、スクールでインストラクターとして活動が期待できます。

アジア料理の殆どは、イスラム教やヒンドゥー教などの宗教による戒律の影響が強く、使える食材も制限があり、異なります。また食事マナーも欧米や日本とはまったく異なります。また香辛料もよく使い、日本には無い味や香りがあります。そのため、日本では馴染みのないものや見たこともない食材が使われます。

各国の食材、季節、独特の風習にもアジア料理インストラクターは熟知しているのが必要です。インストラクターはアドバイザーでもあるので、その国独特の調理法、食材の保存や扱い方も知っている必要があります。例として食事マナーがあります。

例えばベトナムは、お椀に口をつけるのはマナー違反です。レンゲと箸で食べ切るのがマナーです。インドネシアは、宗教上の理由で左手は使ってはいけません。インドでは、食事を残すことは失礼ですし、また右手で料理を食べるのが普通です。他にもアフガニスタンでは、食事中にパンが床に落ちたときは必ず拾って、パンに口づけしてから額の高さに上げてから皿に戻すことがマナーです。

その他にタイでは、フォークを直接口に運ぶのはマナー違反です。必ずスプーンに乗せてから食べるようにすることがマナーです。みんなで分けた料理の最後の一口は手をつけないのがマナーだったりもします。

まとめ

エスニック料理といっても種類は様々で文化やマナーなども色々です。料理が好きな人、食べることが好きな人には色々と学べるだけでなく、将来にも活かすことができます。以上、エスニック料理資格人気ランキングでした。
エスニック料理資格  エスニック料理資格

フレンチフレンチ資格人気ランキング

イタリアンイタリア料理資格人気ランキング

関連記事

  1. shikakushikenmatome

    赤外線建物診断技能士ってなに??

    赤外線建物診断技能士とはどんな任務を負っているのですか?赤外線建物診断技能師とは、建物の外壁の浮…

  2. 歩き方

    歩き方インストラクター口コミ評判

    歩き方インストラクターとは高齢化社会と呼ばれている現代、ウォーキングなど歩き方に対するスキルが重…

  3. shikakushikenmatome

    家庭の省エネ大臣!うちエコ診断士

    うちエコ診断士とは?うちエコ診断士とは、環境省のガイドラインにもとづいてうちエコ診断資格試験運営…

  4. cad

    日本デザインプランナー協会CADデザインマスター認定試験口コミ評…

    CADデザインマスターとは?建築や機械設計、電気、さまざまな設備関係、土木などには切っても切れな…

  5. shikakushikenmatome

    ハイレベルな能力!防衛医科大学校学生

    防衛医科大学校学生防衛医科大学校は、身分は国家公務員で将来、医師として働く幹部自衛官…

  6. shikakushikenmatome

    発破技士ってどんな資格

    発破技士とは?土木現場や採掘現場において、機械などで切り崩すことが困…

  7. shikakushikenmatome

    無振動・無騒音・公害のない世界へー圧入施工技士

    圧入施工技士とはどんな資格ですか?圧入施工技士は無振動・無騒音・公害のない基礎工事が特徴の杭圧入…

  8. shikakushikenmatome

    実用英語技能検定(英検)について

    実用英語技能検定(英検)とは?実用英語技能検定(英検)とは、文部科学省認定の高い認知度と社会的評…

資格試験の特集

資格ランキング

PAGE TOP