センスを磨くー色彩検定

色彩検定とはどんな資格ですか?

色彩検定とは色の調和や効果に関する幅広い知識や技能を問う検定試験であり、国家資格ではありません。インテリア、ファッション、グラフィック、環境などのデザイン関係の企業。ファッションなどの業界では色調センスを持った人が求められています。その他、営業や企画・広報、マーケティングなどにも幅広く受け入れられています。ファッション販売スタッフ、店舗開発スタッフ、インテリアコーディネーなどのへの就職・転職の際に大いにアピールすることができます。また、特に百貨店では、この資格自体が「社内認定ライセンス」と位置付けている企業も少なくありません。主な仕事内容はファッションやスタイリングに関するカラーコーディネーション、商品開発・提案、建築・インテリアなどに関しての色彩コンサルティングを行います。ただし、色彩にエキスパート単独としての仕事は存在しないため、販売やフードコーディネーターなどの仕事から始めて、自分なりに試行錯誤を繰り返しながら色彩の第一人者としての活躍の場を広げていってもらいたいとものです。

難易度

  • 3級:やさしい
  • 2級:やや易しい
  • 1級:普通

受験資格は必要ですか?

受験資格は特にありません。

男女関係なく受験できます。

試験内容はどんなものですか?

1級

1次と2次に分かれています。

1次はマークシート(一部記述)方式で、試験時間は90分です。

2次は記述式(一部実技)で、試験時間は90分です。

試験内容は2級の内容に下記の内容が加わります。

  • 色彩と文化
  • 色彩調和論
  • 光と色
  • 色の表示
  • 色彩の実務色彩心理
  • 配色イメージ
  • ビジュアル
  • ファッション
  • プロダクト
  • インテリア
  • 環境
  • ユニバーサルデザイン

※1級の1次試験合格者は、2年間(2回)に限り、2次試験の結果のみで合否が決定されます。

2級

マークシート方式(一部記述)に行われ、試験時間は80分です。

試験内容は3級の内容に下記の内容が加わります。

  • 生活と色
  • 光と色
  • 色の表示
  • 色彩調和
  • 配色イメージ
  • ビジュアル
  • ファッション
  • プロダクト
  • インテリア
  • エクステリア環境
  • 慣用色名

3級

マークシート方式にて行われ、試験時間は70分です。

試験内容は下記の通りです。

  • 色のはたらき
  • 光と色
  • 色の表示
  • 色彩心理
  • 色彩調和
  • 色彩効果
  • 色彩と生活
  • ファッション
  • 慣用色名

格基準はありますか?

各級70%前後の正答率で合格となります。

科目免除等の制度はありますか?

1次試験のみの合格者は、その後2年間(2回)に限り1次試験が免除になります。

願書受付期間はいつですか?

願書はインターネットおよび郵送にて受付を行っています。

インターネット

第1回:4月上旬~5月下旬頃まで(2級・3級のみの受付)

第2回:8月上旬~10月上旬頃まで(全級)

郵送

第1回:4月上旬~5月中旬頃まで(2級・3級のみの受付)

第2回:8月上旬~10月上旬頃まで(全級)

試験はいつ行われますか?

級により異なります。

1級

1次試験・・・・11月中旬頃

2次試験・・・・12月中旬頃(1次合格者、1次免除者のみ)

2級・3級

第1回:6月下旬頃

第2回:12月上旬頃

受験地はどこになりますか?

全国各地で実施されています。

ホームページをご確認ください。

受験料はいくらですか?

級により異なります。

1級・・・・15,000円(1次免除者も同じ)

2級・・・・10,000円

3級・・・・7,000円

なお、 1級と2級、2級と3級の併願が可能です。

合格発表日はいつですか?

級により異なります。

1級

1次試験・・・・12月下旬頃

2次試験・・・・1月下旬頃

2級・3級

第1回:7月下旬頃

第2回:12月下旬頃

お問合せ先

公益社団法人 色彩検定協会

電話番号:03-5510-3737

ホームページ:http://www.aft.or.jp/

まとめ

この検定は医師や弁護士、税理士や公認会計士などといった士業ではないため、検定に合格しなければファッション業界などで職に就けないというものではありません。この資格はTOEICや英語検定、簿記検定などと同じように社会的に色彩に関する知識があることを証明するには役立つため、社会的知名度・信頼度は高いことで知られています。そのため、ファッション業界などに就職・転職をする際には取得しておくだけでかなり有利であるといわれています。近年では、多くの職種で色彩に関するセンス・技能が求められてきています。そうした時代のニーズに対応するためにもこの検定の重要性が高まっていると考えられます。人と接することが好きで、色を扱いながら人の心に働きかけることに興味のある方には向いているといえます。色彩に関する仕事は思っているより多いのが現状です。根気よく仕事を探すことで自分の輝かしい未来を手に入れることができるでしょう。
カラーセラピー  カラーセラピー

shikakushikenmatome『揚貨装置運転士』の資格とは?

shikakushikenmatome『運行管理者』の資格とは?

関連記事

  1. 紅茶

    日本安全食料料理協会紅茶マイスター認定試験口コミ評判

    紅茶マイスターとは?海外では古くから親しまれている紅茶。日本人がお茶をたしなむのと同じく…

  2. ヨーグルト

    口コミで評判?ヨーグルトマイスター

    おもしろい資格認定試験、見つけました。その名もヨーグルトマイスター。ヨーグルト好きにはちょっと放って…

  3. ハーブ

    【ハーブ・メディカルハーブ】癒し効果抜群!ハーブ栽培の知識・資格…

    みなさんはハーブを育てたことはありますか?とても簡単で技術もいらないのでおすすめです!今回はそん…

  4. pop

    【POPライター・POP広告】これで販売売り上げUP!!POP広…

    みなさんはPOP広告をご存知でしょうか。買い物時などによく見かけるアレです。今回はPOP広告作成…

  5. shikakushikenmatome

    移動貯蔵タンク定期点検者とは?

    移動貯蔵タンク定期点検者はどんな仕事ですか?移動貯蔵タンクとはタンクローリーやISOコンテナなど…

  6. 建築模型・住宅模型

    建築模型・住宅模型資格おススメ比較ランキング

    完成後のイメージをミニチュアとして視覚的に捉えることのできる「建築模型」や「住宅模型」、周辺環境との…

  7. shikakushikenmatome

    窯業系サイディング施工士資格制度

    窯業系サイディング施工士資格制度とはどんな制度ですか?窯業系サイディングは意匠性、施工性、防火性…

  8. 整理収納

    日本インストラクター協会整理収納インストラクター認定試験口コミ評…

    整理収納インストラクター整理整頓は生活するうえでとても大切なことです。乱雑な部屋で生活す…

資格試験の特集

資格ランキング

PAGE TOP