刺繍資格人気ランキング

1位 初心者でもOK!刺繍アドバイザー

日本生活環境支援協会主催が主催する刺繍アドバイザーW資格取得講座では基本の知識から刺繍の基本知識から刺繍の種類、それぞれの刺繍の刺し方やコツ、図案の考え方など、刺繍に関する一通りの事を自宅で学べる講座となっています。
初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているのでどなたでも安心して受講できる内容となっています。

刺繍アドバイザーとは刺繍に関する知識を有していることを認定されます。刺繍の種類は様々ありますが、講座では10種類以上の刺繍を学ぶことになります。また、刺繍糸や針、ミシンなどの刺繍に必要な道具までも学習することが可能です。様々な刺繍の種類や刺し方、必要な道具について理解し、アドバイスができる人に与えられる資格です。資格取得後は、刺繍アドバイザーとして自宅やカルチャースクールで講師活動をすることができます。

【刺繍の種類】

・フランス刺繍

・ビーズ刺繍

・リボン刺繍

・コード刺繍

・ターハンガー

・ミシン刺繍

・ニードルポイント

・クロスステッチ

・刺し子

これ以外にも様々な刺繍があります。

 

 

講座概要

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円(税込み)

【受験申込】インターネットからの申し込み

【受験方法】在宅受験、期日までに解答用紙を提出

【合格基準】70%以上の正解率

参考URL

日本生活環境支援協会主催

https://www.designlearn.co.jp/shisyuu/

2位 刺繍の方法を1から習得!刺繍クラフトインストラクター

日本インストラクター技術協会主催の刺繍クラフトインストラクターは刺繍に関する基本的な知識を有していることを認定される資格です。フランス刺繍からクロスステッチを始め様々な刺繍の種類や指しかた学べるとともに、刺繍に適した、針や糸のサイズ、糸の使用方法、布のそのほかの道具に関しての知識を有していることの証明になります。また、刺繍の種類や道具に関してのみでなく、刺繍の図案を読むことができ、自身でも構図や図案を考えたり、刺繍の柄や色合いによって適した作品や額縁を選んだりすることができる人に与えられる資格です。

刺繍は、針と糸があれば誰でも簡単に始めることができ、趣味として人気があり、昨今では新たに始める方も増えています。自分でデザインした絵柄を形にすることが出来るので、楽しく作ることができますが刺繍と聞くと、様々な形やキャラクターを模ったり、子供っぽいイメージを抱くかもしれませんが、イメージ通りの刺繍を作るには、様々な縫い方やステッチ方法、それらを組み合わしてアレンジするテクニック、実は多くの知識とテクニックが求められます。
 糸を交互に刺して模様を作っていくクロスステッチを基本に、ランニングステッチやバックステッチ、サテンステッチ、ロング&ショートステッチなどを組み合わせて作っていきます。刺繍の基礎となるクロスステッチとは、縫い目が×印となるようにクロスするように糸を生地に通していき、×印で小さな四角を作ります。その小さな四角をデザインに応じてブロックを積み上げるように、色を変えたりして縫っていきます。クロスステッチをする上での注意点は、均等な間隔や大きさでバランス良く配置することです。予め方眼紙などにデザインを起し、縫い目の数や配色、配置などを分かりやすくしておくのが上手くできるコツです。
 資格取得後は、刺繍クラフトインストラクターとして自宅やカルチャースクールで講師活動ができます。

 

 

資格試験概要

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円(税込み)

【受験申込】インターネットからの申し込み

【受験方法】在宅受験

【合格基準】70%以上の正解率

参考

日本インストラクター技術協会(JIA)

https://www.jpinstructor.org/shikaku/shisyu/

 

 

3位 刺繍愛好家なら、戸塚刺しゅうの師範資格

 

戸塚刺しゅう協会が行っている師範資格制度は、ステップアップを目指す方が規定の課題作品を提出して審査を受け認定されれば資格を取得することができます。資格は「初級」「中級」「上級」の三段階で認定されます。

 

「初級」

入会して師範会員の指導を受け、「初級課題作品ABC」より お好みの図案を1点選択し、師範会員指導のもと作品を制作し、提出します。バックステッチやクロスステッチなど30種類のステッチを学び習得することができます。

【認定料】10,000

 

「中級」

初級取得後、師範会員の指導を受け、「中級課題作品ABC」よりお好みの図案を1点選択し、師範会員指導のもと作品を制作し、提出します。

カットワークを含む20種類のステッチを学び習得することができます。

【認定料】20,000

 

「上級」

中級取得後、「上級課題作品ABC」よりお好みの図案を1点選択し、 師範会員指導のもと作品を制作し、提出します。

初級と中級で学んだステッチを20種類以上使用して、オリジナルの上級課題作品を自由に仕上げましょう。

【認定料】30,000

資格取得後はさらなる資格向上に励みつつ、師範会員へご入会いただくと「戸塚刺しゅうの先生」として活動することができます。

 

 

参考URL

戸塚刺しゅう協会

http://totsuka-shisyu.com/about/our_actions

戸塚刺しゅう協会 資格取得クラス

http://totsuka-shisyu.com/totsuka-institute/challenge-class

4位 手作りのぬくもりを再現したい!日本手芸普及協会の刺繍師範資格

日本手芸普及協会の刺繍師範資格の学習指導体系は区限刺しゅう・白糸刺しゅう・ステッチ100の技法別にそれぞれ「本科」・「高等科」・「講師科」・「指導員」のコースに分かれた、基本から応用までのカリキュラムです。各コースとも、本科から指導員までの最短履修期間は19か月。3コースすべての指導員修了後、「師範養成講座」と「指導者のためのアドバンスプログラム」を修了すると、刺しゅう部門最高位の「刺しゅう師範」の資格取得ができます。

区限刺しゅう

布地の織り糸をカウントしながら刺し、パターンを作っていく刺しゅうの総称です。シンプルなステッチのくり返しで幾何学模様を作ったり、絵柄を刺し埋めたりします。 多くの国で見られるクロスステッチや、地方で生まれ育まれてきたハーダンガーワークやこぎん刺しゅうなどがあります。
 
白色刺しゅう
白布に白い糸で刺す刺しゅうの総称です。その歴史は古く、織物の縁どりとしてはじまり、中世の教会装飾に多く用いられ、のちに一般の装飾や室内装飾にも用いられるようになりました。洗濯に耐えるように芯を入れて密に刺した結果、立体的で陰影のある清楚な日用品が多く生まれました。

ステッチ100刺しゅう

地域や時代により、様々な種類の刺しゅうの技法があります。それらの中から、色糸を使うフランス刺しゅう、リボンを糸として使用するリボン刺しゅう、ビーズをあしらうビーズ刺しゅう、布を寄せるスモッキング刺しゅう、立体的に刺すレイズドワークなど、代表的な技法を学びます。

 

修了申請料

【本科】3,000

【高等科】5,000

【講師料】10,000

【指導員】20,000

レッスンの進捗はレポートカードで確認し、各課程の修了時には次のとおり申請料をおさめていただくことで卒業となります。 資格を取得する目的がなく楽しむだけの学習から、資格取得のための学習に切り替える場合もスムーズです。

 

公益財団法人日本手芸普及協会 刺繍部門

http://www.jhia.org/curriculum/embroidery

チョコレート資格資格人気ランキング

着物着付け方資格人気ランキング

関連記事

  1. shikakushikenmatome

    【口コミ・評判】日本生活環境支援協会とは⁉

    「生活」についての資格試験を実施している協会だった!みなさんは毎日どういった過ごし方、仕…

  2. カリグラフィー資格人気ランキング

    カリグラフィーというのをみなさんはご存知でしょうか?カリグラフィーとは文字を美しく見せるため…

  3. インド

    インド料理資格人気ランキング

    ここ数年で街にインド料理屋は増えました。日本のカレーとは違った味でスパイスが癖になりハマる人も多いと…

  4. shikakushikenmatome

    家庭の省エネ大臣!うちエコ診断士

    うちエコ診断士とは?うちエコ診断士とは、環境省のガイドラインにもとづいてうちエコ診断資格試験運営…

  5. 音楽療法士

    【音楽療法・音楽療法士】音楽で治療、リハビリするお仕事!?音楽療…

    みなさんは音楽療法という職業があるのはご存知でしょうか。今回は音楽療法の概要や、音楽療法士になるため…

  6. 食用オイル

    食用オイルソムリエ口コミ評判

    食用オイルソムリエとは食用オイルとして代表的なもので、オリーブオイルやゴマ油、アーモンドオイル、…

  7. shikakushikenmatome

    屋外広告士ー公衆の場の広告塔!

    屋外広告士とはどんな仕事ですか?屋外広告物とは常時又は一定の期間継続して屋外で公衆に表示されるも…

  8. ハーブ

    【ハーブ・メディカルハーブ】癒し効果抜群!ハーブ栽培の知識・資格…

    みなさんはハーブを育てたことはありますか?とても簡単で技術もいらないのでおすすめです!今回はそん…

資格試験の特集

資格ランキング

PAGE TOP