日本初!実用フランス語技能検定

実用フランス語技能検定とは

公益財団法人フランス語教育振興協会が実施する、日本語話者向けのフランス語の検定試験のことです。2006年度まで文部科学省認定の試験でしたが、現在では日本における標準的な語学検定試験の一つという位置づけです。読む・書く・聞く・話すという実践的な内容で総合的に語学力を測定できます。フランス企業の日本法人などに就職する際に活用できます。また、国際公務員を目指される方は実用英語技能検定の次に取得しておくと便利な資格といえます。また、単位取得や編入学試験の資格認定の条件となるケースも多く、日本国内でも外交、ビジネス、芸術など幅広い分野でフランス語の需要が高まっています。現在までの受験者総数は延べ75万人を超えています。その伝統と実績は我が国の外国語学習の分野において高く評価されています。

難易度

  •  1級:やや難しい
  •  2級:普通
  •  3級:やや易しい

合格率

  •  1級:(1次)12.5%(2次)11.4%
  •  準1級:(1次)28.0%(2次)24.1%
  •  2級:(1次)35.9%(2次)31.7%
  •  準2級:(1次)62.4%(2次)55.5%
  •  3級:75.7%
  •  4級:77.3%
  •  5級:87.5%

受験級の目安はありますか?

  • 1級 – 学習600時間以上
  • 準1級 – 学習500時間以上、4年制大学のフランス語専門課程卒業程度
  • 2級 – 学習400時間以上、4年制大学のフランス語専門課程4年生程度
  • 準2級 – 学習300時間以上、大学3年修了程度
  • 3級 – 学習200時間以上、大学2年修了程度
  • 4級 – 学習100時間以上、大学1年修了程度
  • 5級 – 学習50時間以上、大学1年前期修了程度

受験に際して資格は必要ですか?

制限はありません。どなたでもチャレンジしてください。

試験はどんな内容ですか?

級により異なります。下記が試験の内容です。

1級~準2級

1次試験
  • 筆記試験
  • 書取り
  • 読み取り

2次試験

  • 個人面接

3級~5級

  • 筆記試験
  • 書取り

合格基準はありますか?

級により異なります。合格基準は下記の通りです。

1級

1次試験

150点満点中、おおよそ85点以上の得点率で合格となります。

2次試験

50点満点中、おおよそ31点以上の得点率で合格となります。

準1級

1次試験

120点満点中、おおよそ67点以上の得点率で合格となります。

2次試験

40点満点中、おおよそ21点以上の得点率で合格となります。

2級

1次試験

100点満点中、おおよそ60点以上の得点率で合格となります。

2次試験

30点満点中、おおよそ19点以上の得点率で合格となります。

準2級

1次試験

100点満点中、おおよそ60点以上の得点率で合格となります。

2次試験

30点満点中、おおよそ18点以上の得点率で合格となります。

3級~5級

100点満点中、おおよそ60点以上の得点率で合格となります。

科目等の免除制度はありますか?

1級・準1級・2級・準2級の1次試験合格者は次回試験のみ1次試験が免除されます。

ただし、受験料の割り引きはありません。

願書申込み受付期間はいつですか?

級により異なります。下記の通りです。

1級

4月上旬~5月中旬頃までで、年1回のみの実施です。

準1級

9月上旬~10月中旬頃までで、年1回のみの実施です。

準2級~5級

年2回実施されます。下記の期間にお申し込みください。

第1回:4月上旬~5月中旬頃まで

第2回:9月上旬~10月中旬頃まで

試験はいつ行われますか?

級により日程が異なります。下記の通りに実施されます。

1級

1次試験は6月中旬頃に行われます。

2次試験は7月中旬頃に行われます。

準1級

1次試験は11月中旬頃に行われます。

2次試験は1月下旬頃に行われます。

準1級~準2級

1次試験は6月中旬頃と11月中旬頃に行われます。

2次試験は7月下旬頃と1月下旬頃に行われます。

3級~5級

6月中旬頃と11月中旬頃に行われます。

受験地はどこですか?

1次試験

全国35箇所、パリ

2次試験

札幌、岩手、宮城、群馬、東京、新潟、石川、静岡、愛知、京都、

大阪、島根、岡山、広島、香川、福岡、長崎、熊本、沖縄、パリ

受験料はいくらですか?

  • 1級・・・・12,000円(パリ会場受験は13,000円)
  • 準1級・・・・10,000円(パリ会場受験は11,000円)
  • 2級・・・・8,000円(パリ会場受験は9,000円)
  • 準2級・・・・7,000円(パリ会場受験は8,000円)
  • 3級・・・・5,500円(パリ会場受験は7,000円)
  • 4級・・・・4,500円
  • 5級・・・・3,500円

併願も可能です。その際の受験料は下記の通りになります。

  • 準1級+2級・・・・17,000円
  • 2級+準2級・・・・14,000円
  • 準2級+3級・・・・11,500円
  • 級+4級・・・・9,000円
  • 4級+5級・・・・7,000円

また、インターネットにて申込みの場合、別途システム利用料250円が必要です。

合格発表はいつですか?

1級

1次試験・・・・7月中旬頃

2次試験・・・・8月中旬頃

準1級

1次試験・・・・11月中旬頃

2次試験・・・・1月下旬頃

2級~準2級

1次試験

第1回:7月中旬頃

第2回:11月中旬頃

2次試験

第1回:8月中旬頃

第2回:1月下旬頃

3級~5級

第1回:7月中旬頃

第2回:11月中旬頃

お問合せ先

公益財団法人 フランス語教育振興協会

電話番号:03-3230-1603

ホームページ:http://apefdapf.org/

まとめ

フランス語で思い浮かぶのは東京オリンピック招致の際、滝川クリステルさんが流暢にスピーチをされていた姿が印象深いと思います。そのようにフランス語はフランス国内だけではなく、アフリカなどの多くの国や地域、国際機関で多く使用されています。現在、フランスの企業が次々に日本に進出してきています。また、同様に日本の企業もフランスに広く展開していっています。英語の次にフランス語は仕事の上で重要な言語なりつつあります。21世紀において、日本が世界から孤立せず、対話しつづけるためには多くの日本人が様々な外国語をマスターしていくことが重要だと考えられています。平和で豊かな未来を切り開いていくために、第三外国語として学んでみてはいかがですか。最近では中高年にも人気の習い事の一つとなっています。2013年度から実用フランス語技能検定1級合格者が通訳案内士を取得する際に外国語筆記試験が免許される制度もあります。

shikakushikenmatome実用英語技能検定(英検)について

shikakushikenmatomeスペイン語技能検定とは

関連記事

  1. ベランダ菜園

    家庭菜園インストラクター口コミ評判

    家庭菜園インストラクター口コミ評判今回、家庭菜園インストラクターの口コミ評判を書いていきたいと思…

  2. 紅茶

    日本安全食料料理協会紅茶マイスター認定試験口コミ評判

    紅茶マイスターとは?海外では古くから親しまれている紅茶。日本人がお茶をたしなむのと同じく…

  3. shikakushikenmatome

    分かり易い英語をー工業英語能力検定

    工業英語能力検定とはどんな検定ですか?工業製品についての専門知識を持ち、正確な英語で表現する能力…

  4. 空間デザイン

    日本デザインプランナー協会認定の空間ディスプレイデザイナー認定試…

    空間ディスプレイデザイナーとはどんな仕事?デパートやショッピングモールなどで美しく通る人の目を惹…

  5. ヨーグルト

    口コミで評判?ヨーグルトマイスター

    おもしろい資格認定試験、見つけました。その名もヨーグルトマイスター。ヨーグルト好きにはちょっと放って…

  6. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    家族で、友人と、社員旅行で、など、温泉旅行に一度は行ったことがある人は多いのではないでしょうか。暖か…

  7. shikakushikenmatome

    建設機械施工技士ってどんな資格

    建設機械施工技士とは?建築現場で運転される建築機械の運転操作や管理技…

  8. 【ワイン・ソムリエ】ソムリエを目指すあなたにおすすめの資格・検定…

    ワインを語れる男・・・かっこいいですよね!ご存知でしたか?ソムリエはフランスでは国家資格になるほどメ…

資格試験の特集

資格ランキング

PAGE TOP