水彩資格人気ランキング

みずみずしいタッチが特徴的な「水彩画」

実はとても簡単で絵が得意でない方でも素敵でオシャレな絵を描くことができます。

今回はそんな水彩画の資格についてご紹介いたします。

 

1位 水彩アーティスト

水彩アーティストとして、水彩の基礎知識、技法、構図の考え方に関する知識を有していることが証明されます。
例えば、水彩画の絵具の種類、モチーフの種類、絵具について、用紙について、筆について、色の作り方、筆の選び方、紙の選び方や保存方法、パレットの種類や使用方法、水彩画を描く際に必要となる道具の基礎知識を有していることが証明されます。

 

水彩画は、顔料で作られた絵の具を水で薄めて、色を塗りながら絵を描く技法です。水彩画の特徴は、油絵のように色を何層も重ねて描くことはせず、水で薄めた淡い色を数色重ねることで色彩に透明感のある絵を描くことです。その為、絵の具の薄め方や水の使い方、色の作り方などが、水彩画を描く上で重要なスキルと言えます。
水彩画をイメージ通りに描く為には、下書きや構図の取り方、陰影の出し方、光の表現方法、色の作り方や混ぜ合わせ方などのテクニックや知識を身に付ける必要があり、特に、下書きと構図は絵のバランスを決める重要な役割を担っています。構図の作り方は、画面全体を縦と横に3~4分割して、対象物のポイントを置く技法や、大まかな構図を先に取り、詳細を描き重ねていく方法などが有効的とされています。また色の塗り方にも様々なテクニックがありますが、まずは、何色と何色を混ぜたらどのような色になる、などの知識を身に付けることが前提で、水彩用の絵の具は、色を混ぜる事によって様々な色を作り出すことが出来る半面、予想しない色に変わってしまう場合もあるからです。
近年では、気軽に絵を描くことを楽しめるという事で人気が高まり、水彩画を始められる方や、講座などで水彩画を受講して学ばれる方が増えてきており、需要のある技能と言えます。

【水彩画に必要な道具】

・水彩絵の具

・パレット

・筆

・水彩紙(質感や厚さなどお好みでOK)

・筆洗(コップや空き容器などで代用OK)

・鉛筆(HB、2B)

・練り消しゴム(消しゴムで代用OK)

最初は安価なものから始めましょう。まずはしてみることが重要です!

 

資格取得後は、水彩アーティストとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

 

受験概要

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円(消費税込み)

【受験申請】インターネットからの申し込み

【受験方法】在宅受験

【合格基準】70%以上の評価

【試験日程】webサイト参照

 

 

参考URL

日本デザインプランナー協会 水彩アーティスト認定試験

https://www.designshikaku.net/test/suisai/

 

 

2位 水彩画インストラクター

水彩画インストラクターとして、水彩画を描く手順やコツ、静物画の描き方、風景画の描き方、人物画の描き方、ファーストウォッシュ、陰影の技法と描きこみ、水の表現方法、光の表現方法、空の表現方法、道具ごとの構図を描く際のテクニック、水彩画を描く際の基本の手順、色作り、混色と重色について、構図の決め方、塗り方の基本、デッサンの上達方法、応用的な塗り方のテクニック、上達するための応用的なスキルを有していることが証明されます。

 

水彩画を描く為には、絵の具・筆・紙・水があれば描くことが可能ですが、その種類は様々です。まずは絵の具ですが、水彩画に使用する絵の具は、大きく2つに分けられ、透明水彩と不透明水彩があります。透明水彩は、絵具を水で溶いて薄めたり、パレットで色を混ぜ合わせて塗るので、色に透明感が生まれ、また「にじみ」や「ムラ」を活かした水彩ならではの絵を描くことができます。一方、不透明水彩は、透明性が無いので「にじみ」や「ムラ」が出にくい性質があります。しかし、下の色の影響を受けないので、色を重ねても混ざることがありません。厚塗りや重ね塗りをする絵を描く際に使用します。絵の具は、チューブに入った物と固形タイプがありますが、一般的にはチューブに入ったものが売られています。筆では、毛の種類と筆先の形状によって使い分けられています。特に毛には、羊毛・馬・イタチ・豚・ナイロンなど数種類あり、また馬毛と豚毛を混ぜ合わせたものや、数種類の毛を混ぜ合わせたものなどがあり、それぞれ固さや柔らかさに違いがあります。筆の形状も丸筆・平筆・色彩筆など数種類あり、描く絵や塗る箇所によって使い分けをする必要があります。そして紙では、目の粗い物から細かい物まで、色もコットン・木材パルプ・非木材パルプなどの素材によって白さに違いがあります。描きたい絵によって使い分けるには、水彩画に関する知識やテクニックが求められると言えます。

資格取得後は、水彩画インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

 

試験概要

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円(消費税込み)

【受験申込】在宅受験

【合格基準】70%以上の評価

【試験日程】webサイト参照

 

参考URL

日本インストラクター技術協会 水彩画インストラクター

https://www.jpinstructor.org/shikaku/suisai/

水耕栽培資格人気ランキング

関連記事

  1. 睡眠快眠

    日本インストラクター協会認定安眠インストラクター認定試験口コミ評…

    安眠インストラクターとは?睡眠は人が生きていく上では食事と同様に不可欠なことです。ただ寝…

  2. diy

    日曜大工スペシャリスト口コミ評判

    日曜大工スペシャリストとは近年、日曜大工は男性だけでなく、女性からも高い支持を受けています。庭の…

  3. 食育

    おいしく安全な食事を提供!栄養士・管理栄養士

    栄養士・管理栄養士病院は管理栄養士でなければだめなのではと思われがちですが、実は問題…

  4. スパイス調味料

    日本インストラクター協会認定スパイスインストラクター認定試験口コ…

    スパイスインストラクターとはスパイスを使う料理というのはたくさんありますよね。代表的なカ…

  5. ワインソムリエ

    日本安全食料料理協会ワインコンシェルジュ認定試験口コミ評判

    ワインコンシェルジュとはすっかり定着したワインブーム、食卓にワインが並ぶことも一般的になっていま…

  6. インテリアデザイナー

    日本デザインプランナー協会認定インテリアアドバイザー認定試験口コ…

    インテリアアドバイザーとは?インテリアアドバイザーは主にお店やハウスメーカー、住宅展示場などでお…

  7. shikakushikenmatome

    印刷業界を支える印刷営業士

    印刷営業士はどんな仕事ですか?印刷業界において印刷技術の向上・高度化などにより新しい印刷技術や知…

  8. shikakushikenmatome

    中学校の先生になろう!中学校教諭免許状

    中学校教諭免許状中学校教諭は英語、数学、国語、理科、社会などそれぞれ特定の専門教科を…

資格試験の特集

資格ランキング

PAGE TOP