海上の秩序と安全!海上保安(大)学校学生

海上保安(大)学校学生


海上保安官になるためには学生採用試験を受けます。次に選択肢が二つ。一つは海上保安大学校、もう一つは海上保安学校のいずれかに入学します。幹部保安大学校は 4年半で幹部職員になることを目標とし、勉強内容は法律や海上保安における行政に関してのことを勉強します。海上保安学校は 1年から2年で一般職員になることを目標としています。海上保安官としての必要な知識や技術の身につけます。そのほかにも犯罪捜査や鑑識や海難救助など会場の法案に関係する業務を勉強します。

大きな違いとしては海上保安大学校は学生は将来、海上保安庁の幹部になることを目的として、対して海上保安学校は海上保安庁の一般職員になることを目的としています。

秩序の秩序と安全を守る!


海上保安大学校学生
呉市の海上保安大学校 専攻科及び研修科の教育を受けた後、巡視船等に初級幹部になって乗り込む。海難救助、海上犯罪の取締りなどの業務に従事。

海上保安学校学生
舞鶴市の海上保安学校
船舶運航システム課程…航海コース・機関コース・主計コース、
航空課程
情報システム課程
海洋科学課程
に分かれて教育を受けた後、それぞれの教育課程ごとに配属され海上保安業務につく。

入学と同時に国家公務員(海上保安庁職員)に採用。月額約14万円の給与が支給される。ボーナス(年2回)。
入学金、授業料、学生寮費などは無料。制服や寝具などは貸与。教科書代と食費は自己負担。

試験概要


海上保安大学校学生

受験資格
試験年度の4月1日において、高等学校又は中等教育学校を卒業した日の翌日から起算して2年を経過していない者及び試験年度の3月までに高等学校又は中等教育学校を卒業する見込みの者
人事院が 上に掲げる者と同等の資格があると認める者
[身体基準]
(次のいずれかに該当する者は不合格となります)
○ 身長が男子157cm、女子150cmに満たない者
○ 体重が男子48kg、女子41kgに満たない者
○ 視力(裸眼又は矯正)がどちらか一眼でも0.6に満たない者
○ 色覚に異常のある者(ただし、職務遂行に支障のない程度の者は差し支えない。)
○ どちらか片耳でも2000、1000、500各ヘルツでの検査結果をもとに算出した聴力レベルデシベルが、40デシベル以上の音の失聴のある者
○ 四肢の運動機能に異常のある者

試験内容

一次試験
<基礎能力試験>
公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験
・知能分野(文章理解、課題処理、数的処理、資料解釈)
・知識分野(自然科学、人文科学、社会科学)

<学科試験>
次の1~3についての筆記試験
1数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B(数列、ベクトルの分野に限る。)
2英語Ⅰ、英語Ⅱ
3次のイまたはロのうち1科目選択
イ、物理Ⅰ  ロ、化学Ⅰ

<作文試験>
文章による表現力、課題に対する理解力などについての筆記試験

二次試験
<人物試験>
人柄、対人的能力などについての個別面接(参考として性格検査を実施)

<身体検査>
主として胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む。)、血圧、尿その他一般内科系検査

<身体測定>
身長、体重、視力、色覚、聴力についての測定

<体力検査>
・上体起こし
・反復横跳び
・鉄棒両手ぶら下がり

海上保安学校学生

試験年度の4月1日において、高等学校又は中等教育学校を卒業した日の翌日から起算して5年(採用試験が同一年度に二回行われる場合における初回の採用試験については、6年)を経過していない者及び試験年度の3月(採用試験が同一年度に二回行われる場合における初回の採用試験については、9月)までに高等学校又は中等教育学校を卒業する見込みの者

人事院が 上に掲げる者と同等の資格があると認める者

海上の警察官!


日本海沿岸で近隣諸国との緊張が高まっています。海上保安官は海の警察官として大変重要な役割を持っています。海上での仕事はとても大変で精神力と体力が求められます。海上保安官は不審船を発見次第、危険な状況に直面することもあります。また海難救助は海に囲まれた日本でとても要請の多い仕事です。

日本は尖閣諸島の問題で会場の治安は危険と隣り合わせです。また近年では、密輸の摘発に力を入れています。麻薬や覚せい剤やけん銃といった密輸の摘発は海上保安庁にとって重要な仕事です。海からの輸入や輸出の多い日本では国際化が進むにつれてさらにこれらの任務が重要となってきます。

さらに海上保安官は海上勤務のほかに陸上や航空の勤務もあります。海上保安官は海の警察官として過酷な任務を任される反面、とてもやりがいや誇りを持って従事できる仕事です。

shikakushikenmatome規律正しく階級ごとに任務に全う!自衛隊幹部候補生

shikakushikenmatome炎や天災から市民を守る!消防官(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・専門)

関連記事

  1. ビジネスマネジメント

    ビジネスマネージメント認定試験口コミ評判

    ビジネスマネージメントとはビジネスマネージメントとは、社会人として知っておかなければならない、心…

  2. 紅茶

    日本安全食料料理協会紅茶マイスター認定試験口コミ評判

    紅茶マイスターとは?海外では古くから親しまれている紅茶。日本人がお茶をたしなむのと同じく…

  3. 紅茶

    【紅茶好き必見!!】紅茶をおいしく淹れれるようになるために必要な…

    午後の休息には紅茶で一息する方やお客様に出す紅茶をもっとおいしいものにしたい!そんなあなたに紅茶…

  4. shikakushikenmatome

    発破技士ってどんな資格

    発破技士とは?土木現場や採掘現場において、機械などで切り崩すことが困…

  5. 西洋占星術ホロスコープ

    占い資格人気ランキング

    占い資格人気ランキングみなさん、占いにはどのような種類があるかご存知でしょうか?占星術や…

  6. shikakushikenmatome

    地下タンク定期点検技術者とは

    地下タンク定期点検技術者とは地下タンクとはガソリンスタンド等の給油施設の石油を貯蔵する上で、工場…

  7. shikakushikenmatome

    日本の未来を守る防衛大学校学生

    防衛大学校学生防衛大学校は、陸上・防衛大学校学生とは、以後、陸海空おのおのの自衛隊の…

  8. 整理収納

    日本インストラクター協会整理収納インストラクター認定試験口コミ評…

    整理収納インストラクター整理整頓は生活するうえでとても大切なことです。乱雑な部屋で生活す…

資格試験の特集

資格ランキング

PAGE TOP