消費生活専門相談員という仕事

消費生活専門相談員とは?

消費生活専門相談員とは国や地方公共団体などが行う消費相談業務に携わる者に求められている資格の一つで、一般財団法人日本消費者協会が認定しています。消費生活専門相談員の仕事は、国民生活センターや地方自治体に置かれた消費センターなどで相談員として相談窓口で相談に対応し、問題の解決支援を行います。主に、商品テストや回収・無償修理等の情報などを消費者に発信しています。また、特に力を入れているのが、相談窓口業務になります。人の相談に乗るのが得意な方は向いているといえるでしょう。この資格はその能力や資質を図るものです。

よく比べられるのが消費生活アドバイザーとの違いです。その違いはないに等しいです。テスト範囲はほぼ同じであるため、重要視するポイントを掴み、自分に合うものを選択して受験していただければと思います。強いていうならば、企業経営知識・広告・情報等は、消費生活専門員には必要がありません。その分野に強いか弱いかで選択されるのも一つの手段といえるでしょう。

難易度:普通

合格率:25.3%程度

受験資格はありますか?

制限はありません。

どなたでも受験することができます。

試験内容はどんなものでしょうか?

試験は一次試験と二次試験に分かれています。

1次試験

択一・○×方式のものが200問出題されます。試験時間は2時間30分です。

その後、2時間の論文試験が行われます。

出題範囲
  • 消費者問題に係る一般常識
  • 消費者行政に係る知識、
  • 消費者問題に係る基礎的な法律知識
  • 消費経済に係る経済知識、
  • 商品・サービスに係る知識、
  • 消費生活相談に携わるに当たっての基礎的知識

2次試験

面接が行われます。

出題範囲についての学識及び消費生活専門相談員として業務を遂行するための適性の有無を判定します。

資格は取得後、更新が必要ですか?

はい、必要です。

5年ごとに所定の手続きが必要です。

合格基準はありますか?

1次試験

満点中、おおよそ6割以上で合格となります。

2次試験

合格基準は後悔されていません。

科目等の免除制度はありますか?

下記の基準をクリアする者に免除制度があります。

  • 地方公共団体において現に消費生活相談員として勤務している者
  • 認定後3カ月以内に消費生活相談員として採用されることが決まっている者

免除には地方公共団体の所属長(消費者行政担当課長、消費生活センター所長等)から推薦状を

提出することにより第2次試験が免除されます。

また、前年度の1次試験の合格者は、翌年の試験に限り1次試験が免除されます。

推薦状はどのように請求すればいいのでしょうか?

所属長が直接、独立行政法人国民生活センター資格制度室に書面にて請求します。

『現職相談員○名、採用予定者○名』など必要部数を明記し、返信用封筒を同封のうえ、郵便にて資格制度室まで請求します。

返信用封筒は長形3号の封筒に宛先及び、82円切手貼付する必要があります。

推薦状の提出期間(期限)は6月下旬~7月末までに必着です。

推薦状(様式)の配布は6月中旬頃より開始されます。

推薦状の提出方法は受験申込書とは別に所属長から資格制度室宛に直接提出する必要があります。

願書申込み受付期間はいつですか?

7月上旬~8月上旬頃までです。

試験はいつおこなわれますか?

1次試験は9月下旬頃に行われます。

2次試験は11月中旬~下旬頃に行われ、地域により異なります。

受験地は選択できますか?

1次試験

北海道、宮城、東京、神奈川、石川、愛知、大阪、広島、福岡、青森、岩手、

秋田、山形、茨城、新潟、静岡、兵庫、山口、愛媛、高知、佐賀、長崎、

熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

2次試験

北海道、東京、愛知、大阪、福岡

受験料はいくらですか?

税込みで11,580円となります。

合格発表はいつですか?

1次試験は11月上旬頃に通知されます。

2次試験は12月下旬頃に通知されます。

資格認定日は翌年1月中旬頃で、認定には登録手数料3,600円が必要になります。

合格後、資格の更新は必要ですか?

消費生活専門相談員の資格は5年ごとに更新が必要です。

有効期間最終年の前年4月上旬(予定)に、資格制度室より更新手続きに関するご案内が送付されます。

お問合せ先

独立行政法人 国民生活センター 資格制度事務局

電話番号:03-3443-7855

ホームページ:http://www.kokusen.go.jp/

まとめ

近年、ネットオークションやネットショッピングなどが増加し、トラブルに巻き込まれたり、詐欺にあったりする人が多くなってきています。それに伴い、消費者からの相談が、複雑化、高度化しており、相談業務に携わる相談員にもそれだけ高度の知識と能力が要請されるようになってきています。相談員としてのキャリアを切り開く上では、必要な知識・能力を得られるため、取得する必要があると思います。資格を活かして、消費者と共に問題解決に取り組んでもらえればと思います。しかし、消費者のすべてを受け止める役割を担っているため、採用人数は少なく狭き門といえます。そのような状況にもかかわらず、大半が非常勤職員で収入も少ないため、主婦向けの仕事とも考えられます。

shikakushikenmatome消費生活アドバイザー~企業と消費者のパイプ役~

shikakushikenmatome世界で働く国際公務員

関連記事

  1. レジンアクセサリー

    レジンアクセサリークリエイター口コミ評判

    レジンアクセサリークリエイターとは近年、レジンを使用したハンドメイドは大人気となっており、自分で…

  2. shikakushikenmatome

    【習い事・趣味・お稽古】初心者でもOK!副業・在宅ワークに活かせ…

    みなさんは何か趣味や習い事、お稽古などにやっていますか?実は趣味でやっていることが副業や在宅ワークに…

  3. shikakushikenmatome

    あなたを理想のマイホームへ導きます!ー住宅建築コーディネーター

    住宅建築コーディネーターとはどんな資格ですか?夢のマイホーム実現のために、専門的立場から住宅建築…

  4. 空間デザイン

    【空間デザイン・空間デザイナー】意外と知らないこの職業!役立つ情…

    なにげな~く見かけている公園やテーマパーク・・・これらの構造は空間デザイナーの手によって生み出されて…

  5. cad

    日本デザインプランナー協会CADデザインマスター認定試験口コミ評…

    CADデザインマスターとは?建築や機械設計、電気、さまざまな設備関係、土木などには切っても切れな…

  6. キャンドル

    日本インストラクター協会ー認定キャンドルアドバイザ試験口コミ評判…

    キャンドルアドバイザーとはキャンドルの炎は癒しを与えます。香りのあるキャンドルや美しい色…

  7. ビジネスマネジメント

    ビジネスマネージメント認定試験口コミ評判

    ビジネスマネージメントとはビジネスマネージメントとは、社会人として知っておかなければならない、心…

  8. タロットカード

    タロットカード・占い師資格人気ランキング

    仕事や恋愛など、ちょっと行き詰ったり迷ったりするとつい頼りたくなる占い。その中でも、タロットカードは…

資格試験の特集

資格ランキング

PAGE TOP