温泉観光資格人気ランキング

温泉大国である日本にとって、温泉は古くから日本人の健康面を支えてきた身近な文化であると同時に、世界に誇る観光資源でもあります。
日本各地にある多くの温泉地が、時代の変遷とともに湯治場から観光地へと移り変わり、近年では日本人に限らず、海外からの旅行者にも人気となってきました。そのため、温泉をもう一度見直し、有効活用する機運が高まっており、温泉に関する資格も多く作られるようになりました。
これらの資格は、温泉のある地域に限らず様々な業界から注目されています。今回は、そんな人気の温泉観光関する資格のランキング「ベスト5」をご紹介します。

【1位】温泉観光アドバイザー

温泉観光アドバイザーは、日本各地の温泉に関するあらゆる知識を有する人に与えられる資格です。温泉の場所や泉質、泉温、効能や特徴といった基本的な情報はもちろん、温泉やその地域に関する歴史や文化といった知識を学ぶことができます。特に昨今では、日本人だけでなく外国人観光客も増えており、観光地での案内役としてだけでなく、出版業界など温泉の情報を発信するメディアからも需要の高い人気の資格です。
温泉観光アドバイザーは、特に実務経験などは必要なく温泉に関する知識を勉強するだけで取得でき、更には在宅で認定試験の受験も可能なことから、温泉好きの幅広い層に人気の資格です。資格取得後は、日本各地の温泉の情報を様々な形で情報発信することができるようになりますので、前出の観光・出版業界の他、自宅を利用した教室やカルチャースクールでの講師としても活躍することが可能となります。
◆受験料:10,000円(税込)
◆詳細:日本生活環境支援協会(https://www.nihonsupport.org/)

【2位】サナトリウム健康アドバイザー

サナトリウム健康アドバイザーは、温泉に関する知識だけでなく、健康や湯治といった目的に合わせた温泉への入り方もアドバイスできる知識を有する人に与えられる資格です。温泉分析表から温泉の性質や効能などを読み取る知識や、単純温泉、源泉かけ流しといった温泉に関する専門用語を正しく使用するための知識を学ぶことができます。サナトリウム健康アドバイザーも、認定試験を在宅で受験することができます。
サナトリウム健康アドバイザーの資格取得後は、泉質を理解し正しく温泉に入ることで効能を最大限に引き出すための情報提供が可能になることから、助言役としての役割も担うことができます。そのため看護業界からの需要も多く、療養所や病院といった施設で患者さんにアドバイスする仕事に就くことも可能となります。もちろん、自宅での教室やカルチャースクールなどの講師としても活躍できます。
◆受験料:10,000円(税込)
◆詳細:日本インストラクター協会(https://www.jpinstructor.org/)

【3位】温泉ソムリエ

多くの温泉好きな有名人・芸能人が持っていることから人気となった温泉ソムリエは、温泉に関する深い知識を持ち、温泉をメインとした旅行や観光の際にアドバイスをすることができる人に与えられる資格です。
主催する温泉ソムリエ協会のセミナーに参加し、温泉分析表の見方や入浴法に関する講座を受講することが条件となりますが、比較的簡単に取得できることから温泉関連の入門的な資格として活用され、現在では資格認定者が一万人を超える人気の資格です。
観光業界や温泉地などでの仕事に従事する際の強みとして活用できるだけでなく、自身の趣味を広げるために身に付ける資格としても人気があります。
◆受験料:23,760円(税込)
※温泉ソムリエ認定ワンデーセミナー参加の場合(会場等によって変更あり)
※他、宿泊型や在宅型などの受験方法もある
◆詳細:温泉ソムリエ協会(http://onsen-s.com/)

【4位】温泉観光士

温泉観光士は、温泉地学や温泉化学、温泉生物学、温泉工学、温泉観光学、温泉医学、温泉法学、ひいては世界各地の温泉に関する知識といった様々な角度から温泉を学術的に学ぶことで、温泉を活用した地域活性化を推進できる知識を有する人に与えられる資格です。資格の取得には、日本温泉地域学会が主催する3日間の養成講座を受講する必要があります。温泉の専門家による大学レベルの知識が学べるとあって、本格的に知識を役立てようと考えている方にはおススメの資格となります。
資格取得後は、地域の温泉の発展と活性化に寄与できる人材として認められるため、日本各地の温泉地での地域貢献に役立てることが可能となります。
◆受験料:10,000円(税込)※宿泊費、交通費等は自費
◆詳細:日本温泉地域学会(http://onsenchiiki.web.fc2.com/)

【5位】温泉保養士

温泉保養士は、温泉医学や予防医学といった観点から温泉の効能や効果を最大限に引き出し、温泉を活用した健康づくりをアドバイスするための知識を有する人に与えられる資格で、バルネオセラピストとも呼ばれています。資格の取得には、主催する日本温泉保養士協会が実施する養成講習会に参加し、認定試験を受験する必要があります。
資格取得後は、温泉を有効的に活用する方法や、温泉地での健康的な過ごし方などをアドバイスすることができるようになりますので、温泉観光の現場や地方自治体だけでなく、医療・福祉業界などでも活躍することが可能となります。
◆受験料:38,500円(税込)
◆詳細:日本温泉保養士協会(http://www.onsen-hoyoushi.com/)
温泉観光  温泉観光

和菓子和菓子資格人気ランキング

お茶日本茶・お茶資格人気ランキング

関連記事

  1. shikakushikenmatome

    中小企業組合検定試験(中小企業組合士)とは?

    中小企業組合検定試験とは?中小企業組合(事業協同組合、企業組合、商工組合や組合の連合会など六種類…

  2. インテリアデザイナー

    【インテリアデザイナー・インテリアコーディネーター】必見!!役立…

    居心地の良いオフィス、レストラン、デパートの裏にはインテリアデザイナー・インテリアコーディネーター…

  3. shikakushikenmatome

    使える資格おススメ比較ランキング

    就職や転職はもちろん、キャリアアップにも有効な「使える」資格についてのランキングです。第1位 C…

  4. 筋トレ資格ランキング

    筋トレというのは、健康維持やスタイル維持、不眠解消など多くのメリットをもたらすものです。引き締まった…

  5. カフェオーナー

    日本安全食料料理協会カフェオーナースペシャリスト認定試験口コミ評…

    カフェオーナースペシャリストって何?カフェオーナースペシャリストなんてあまり聞きなれない…

  6. shikakushikenmatome

    自衛隊ナース!自衛隊看護学生

    自衛隊看護学生陸上自衛隊看護士は主に自衛隊中央病院や自衛隊地区病院などで看護活動にあ…

  7. shikakushikenmatome

    【日本デザインプランナー協会】気になる口コミ、評判は⁉

    日本デザインプランナー協会って?「インテリアデザイナー」という資格はご存知でしょうか。建…

  8. shikakushikenmatome

    発破技士ってどんな資格

    発破技士とは?土木現場や採掘現場において、機械などで切り崩すことが困…

資格試験の特集

資格ランキング

PAGE TOP