焼酎資格人気ランキング

仕事の後、一日の終わりに飲むお酒っておいしいですよね。ビール、日本酒、カクテル、ワインなど様々なお酒がありますが、最近九州だけでなくどこででも飲まれるようになったお酒、焼酎。中には人気過ぎて入手困難なものもあるようですね。今回は、お酒大好き、お酒についてもっと知識を得たいとお考えの方に読んでいただきたい、焼酎の資格・検定で人気のあるものをランキング形式でまとめました。

1位 焼酎セレクトマイスター

焼酎セレクトマイスターとは、焼酎の歴史や製造方法、原材料(芋、米、麦、蕎麦、胡麻、シソなど)に関する正しい知識やそれぞれの地域の気候や風土、文化による焼酎作りの手法の違いや特徴に関する知識を学ぶことができる、日本安全食料料理協会(JSFCA)による認定資格です。また、焼酎の味や特徴、飲む人の好みに合わせた(水割り、お湯割り、ロック、ソーダ割りなど)飲み方に関して正しい知識を有していることを証明しています。

受験資格は特に指定されていません。受験料は10,000円(消費税込み)掛かります。 受験申請にはインターネットから随時お申込み可能ですが、試験日程は偶数月で2ヵ月ごとの開催となります。試験方法は在宅受験、合格するには70%以上の評価が必要です。

 

2位 焼酎セレクトアドバイザー

焼酎セレクトアドバイザーとは、焼酎の特徴や製法などに関する知識のみならず、焼酎の選び方、飲み方、グラスの選び方、焼酎に合う料理の選び方など様々な知識を有し、更に他の方へアドバイスできる知識を習得した方に認定される日本インストラクター協会(JIA)による認定資格です。日常の料理と合わせて楽しむ焼酎の選び方や、原材料や味によって合わせる飲み方の提案、焼酎を楽しむためのおもてなしや雰囲気の作り方、焼酎を使ったオリジナルの酎ハイなどを作る知識も有していることが必要となります。資格取得後は、お酒を取り扱ったり、飲食関係、お酒を提供する場でのお仕事はもちろん、日常の晩酌に焼酎を取り入れて楽しむことが可能です。

受験資格は特に定められていません。受験料として10,000円(消費税込み)掛かります。

受験申請にはインターネットから申込むことができますが、試験日程は偶数月で2ヵ月ごとの開催となります。試験方法は在宅受験、合格するには70%以上の評価が必要です。

3位 焼酎唎酒師

焼酎唎酒師は資格取得のメリットとして、焼酎と酒類全般・食品・サービスの基礎知識について学び、焼酎の香りや味わいについて的確に把握できるテイスティング力を身に着け、お客様の好みや要望に合った焼酎を提供できるようになるということが挙げられます。また、セールスにおける問題点や焼酎と料理の組み合わせ、セールスプロモーションについても学ぶことができます。この資格を目指す方には飲食関係従事者、酒類・卸売従事者、 旅行業従事者、上記に就職を希望する学生などがいらっしゃいます。 受験資格は、テイスティングもあるため、お申込時に満20歳以上の方、ホームページの記載内容全てに承諾いただいた方となります。資格取得には、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)認定の講義を受ける必要があり、複数の受講スタイルがあります。会場に出向かずに資格取得が可能な通信コースや、会場か在宅で受講し、試験を1年以内に会場で受ける会場・在宅コースなどもありますので、ご自身に合ったスタイルをお選びください。費用について一般の方では、通信コース137,300、受講・在宅コース117,700と、それぞれのスタイル、条件によって異なりますので、詳細はホームページにてご確認ください。試験内容は第三次試験にテイスティング試験を含む、第一次試験から第四次試験まであります。

4位 焼酎検定

焼酎検定とは 、焼酎の魅力を消費者のみなさまに知って頂く機会を広く提供し、消費者が焼酎をもっと楽しんでいただくことを目的に、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)により実施されています。出題内容は歴史・文化、造り方、モラル・マナー、楽しみ方、雑学について、今年は9月9日(土)に東京をはじめとする各主要都市7会場で、各級50分間の筆記試験が行われます。

テイスティング(試飲)はありませんが、受験資格は20歳以上となっています。1級、準1級、2級、3級とあり、3級から順に、合格した方が次の階級を受けられる仕組みです。 ただし、同協会認定の日本酒学講師もしくは酒匠認定者は準1級から、焼酎唎酒師は2級から受験が可能です。受験費用、合格基準は各級により異なりますので、詳しくは協会ホームページをご覧ください。

 

以上、焼酎に関する人気の資格・検定を紹介させていただきました。何か気になる資格はありましたか?飲む頻度は皆さん様々だと思いますが、焼酎や他のお酒の知識やマナーを身につけてから飲むと、また更なる魅力を感じることが出来るかもしれません。体に支障が出ない程度に、お酒を楽しんでくださいね。

資格通信教育  資格通信教育

マクロビ資格人気ランキング

洋食資格ランキング

関連記事

  1. 手相

    手相鑑定士認定試験口コミ評判

    占いといえばみなさんどんな占いを思い浮かべますか?星占い、四柱推命占い、タロットカード占いなど、占い…

  2. shikakushikenmatome

    分かり易い英語をー工業英語能力検定

    工業英語能力検定とはどんな検定ですか?工業製品についての専門知識を持ち、正確な英語で表現する能力…

  3. ガーデニング園芸

    【ガーデニング・園芸】初心者でも安心!ガーデニングに関する知識・…

    趣味でガーデニングや園芸をはじめたい、ガーデニングのプロになりたい、園芸関係の職業につきたいとい…

  4. 口コミで評判の有機美容発酵食品マイスター

    健康ブームの中で根強く支持されている発酵食品。その出始めは失礼な言い方もされました。発酵って…つまり…

  5. shikakushikenmatome

    造園施工管理技士ってどんな資格

    造園施工管理技士とは?街に広がる緑化施設を適正に管理し、施工を行なう…

  6. cad

    日本デザインプランナー協会CADデザインマスター認定試験口コミ評…

    CADデザインマスターとは?建築や機械設計、電気、さまざまな設備関係、土木などには切っても切れな…

  7. 整理収納

    【収納は断捨離から】納得!あっと驚くほど簡単できる収納・断捨離テ…

    もったいない、捨てられない...そうこうしている間にお部屋のスペースがなくなっていませんか?今回…

  8. 口コミで評判、健康西洋料理インストラクター

    西洋料理といえばバターたっぷり。おいしいけど高カロリーというイメージです。残念ながら健康的とはいいが…

資格試験の特集

資格ランキング

PAGE TOP