発酵食品資格人気ランキング

発酵食品は元々麹や菌を利用した食品は総じて高い抗酸化作用が含有されていることが多いため、美容効果が非常に高くなっていることや、栄養価の高さが特徴です。そのため健康志向が高い人たちにとっては健康維持に欠かせない健康食品として注目が高まっている存在です。そんな発酵食品の魅力を十二分に学び活かすことができる資格をランキング形式でご紹介していきます。

1位 発酵食健康アドバイザー

発酵食健康アドバイザーとは、発酵食品の作り方や発酵食品を使った料理などに関する知識を習得している方に認定される資格です。発酵食品の発酵の過程における微生物や菌の働きに関して熟知し、美容や健康にどのような効果があるのか、乳酸菌発酵やアルコール発酵、酢酸発酵の違い、糖化発酵、乳酸菌、納豆菌、酵母菌、麹菌のそれぞれの働きや効果に関する知識も学ぶことが出来ます。飲食店など調理関係の仕事や食品関係、講師としても活躍する事ができます。

10,000円(税込)でインターネットで申し込みができ、在宅受験が可能であることから気軽に受けれることは人気の要因の一つでしょう。

2位 有機美容発酵食品マイスター

有機美容発酵食品マイスターとは、発酵食品に関する幅広い知識を習得していることを証明する資格です。発酵と腐敗の違いや主な発酵食品とその違い、麹や菌の働き、発酵食品みりん、酢、味噌、鰹節、チーズ、ヨーグルト、酒粕、キムチ、甘酒などに関する知識、発酵過程の微生物の働きや有機物の美容・健康効果、身近な意外な発酵食品など、発行食品に関わる様々な分野に関して、正しい知識を習得している方に認定されます。自分のために日常に発酵食品を取り入れた健康的な生活ができるようになるだけでなく、活躍の場としては飲食関係、健康や美容に関する仕事、食育や教育に関する仕事など幅広い場面で活用されている資格です。

こちらも1位の発酵食健康アドバイザー同様に費用が安く、在宅受験が可能なため、時間に縛られずに資格取得を目指すことができます。

3位 健康食コーディネーター

健康食コーディネーターでは食材の効能と選び方、腸内環境を整える発酵食品、ヘルシースイーツ、糖質制限の方法や食品表示の読み方など、毎日の食事から健康になるノウハウが学べ、和・洋・中のレシピ130種類のおいしい健康食がマスターできます。開業のノウハウが学べるため、料理教室の講師、飲食店開業などプロとしても活躍することもできます。糖質や減塩等控えたい成分など食べる人の目的と体調に合わせた健康料理が作れるようになります。 62,000円(税込)と費用は若干高めですが、資格を取得し味気ない食事になりがちなものも満足感のあるものへ変えて喜ばせてみませんか?

4位 発酵マイスター

発酵マイスターとは発酵食品の魅力を伝え、日本の伝統的食文化を継承していくことができる人のことを指します。もちろん日本の発酵食品の魅力だけではなく、世界の発酵食品についてや、発酵の原理、歴史、効果などを体系的に学ばなければなりません。料金が140,400 円と少々お高いですが、座学のみではなく発酵調味料を作る実習教室や、実際に発酵食を食べて体感することも学習内容に含まれているのは魅力的です。

5位 発酵食スペシャリスト

発酵食スペシャリストは国内外の味噌や醤油などの調味料からその地域独自の漬け物まで幅広く発酵食品に詳しくなれます。特徴や選び方、目的別の調理のコツ、年代に合わせた健康効果まで幅広く身につき、今まであまり選ばなかった発酵食品や調味料も使いこなせるようになり、40種類ものレシピを習得できます。おいしさを一番よく知っている蔵元ならではの直伝メニューを習得できるのは魅力的です。資格取得後は食に関する仕事、美容・健康関係でのアドバイスなど幅広く活躍が期待されています。上位のものに比べると36,000円と費用は高くなっています。

以上がランキングとなりますがいかがでしたか?様々な健康法であふれている日本ですが、今回紹介したのはその中でも古来からある味噌や醤油など発酵食品を使った健康法です。切っても切れない食に関する資格でもあるため、興味がある方は是非勉強し新たな食生活をスタートさせてみてはいかがでですか?

資格通信教育  資格通信教育

スーパーフード資格ランキング

関連記事

  1. shikakushikenmatome

    省エネをテーマとした家造りーうちエコ相談員

    うちエコ相談員とは何ですか?うちエコ相談員とは、家庭における省エネ対策や省CO2対策に関する知識…

  2. 数秘術

    数字占いアドバイザー認定試験口コミ評判

    数秘術とはその名の通り「数」を使った占いのことです。数秘術では数字の一つ一つの数に宇宙のすべての意味…

  3. shikakushikenmatome

    炎や天災から市民を守る!消防官(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・専門)

    消防官(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・専門)消防官とは、火災現場で消火防火をする公務員。全国の都道府県…

  4. ファスティング資格人気ランキング

    最近耳にすることが増えてきたファスティング。”断食”のイメージが強いですが、今までの”断食”とは異な…

  5. インテリアデザイナー

    インテリア資格おススメ比較ランキング

    室内空間を彩る、さまざまなインテリア。趣味やライフスタイルを表現し、心豊かになるディスプレイとして、…

  6. shikakushikenmatome

    稼げる資格おススメ比較ランキング

    人材へのニーズが高く、しかもこれからもますます必要とされることが期待される「稼げる資格」。そんな資格…

  7. デッサン

    日本インストラクター協会認定の絵画インストラクター認定試験口コミ…

    絵画インストラクターとは?絵画インストラクターは絵を教える仕事ですよね。最近では大人の絵…

  8. 福祉

    福祉資格人気ランキング

    福祉資格人気ランキングみなさん、福祉の資格にどのようなものがあるかご存じでしょうか?高齢…

資格試験の特集

資格ランキング

PAGE TOP