食育資格人気ランキング

食育基本法が成立して以降、食育という言葉は一般的に使われるようになりました。しかし、食育の本当の意味が正しく理解されているとは言い切れません。まだまだ、子どもの食事マナーや食文化を学ぶためのもの、と勘違いされている方も多いのではないでしょうか。
産地偽装や消費期限切れ食材の横流しなど、食の安全が疑問視されている昨今、食に関する消費者の問題意識は今までにないほど大きくなっています。それと同時に、小さい子どものアレルギーや、成人の生活習慣病、高齢化における介護の在り方など、社会を取り巻く生活環境は日々変化を遂げており、食生活の面においても、従来のような画一的な考え方が通用しなくなっています。このような時代だからこそ、単なる料理ではなく、食に対する心構えや栄養学、食文化などを学び、食を通じて安全で健康的な生活を送るという『食育』の重要性が、改めて見直されているのです。
今回は、食育に関する様々な資格の中から、人気の「ベスト5」をご紹介します。

【1位】食育健康アドバイザー

食育健康アドバイザーは、食育に関する基本的な知識とスキルを有する人に与えられる資格です。資格の取得には、農林水産省の定める食育基本法についての知識はもちろん、健康への意識の高いアメリカやイギリスなど諸外国における食育への取り組みや、高齢化の進む日本でも問題となっている生活習慣病と食育の関連性といった様々な知識が必要となります。食育健康アドバイザーの資格はすべて在宅で認定試験を受験することができるので、仕事で忙しい方や、家事、子育てなどで時間の不規則な主婦の方でも安心して資格取得が目指せるとあって、高い人気を得ています。
資格の取得後は、食育と健康に関するスペシャリストとして、食に関連する企業や店舗への従事だけでなく、自宅を活用した教室やカルチャースクールなどで講師として活躍することもできます。
◆受験料:10,000円(税込)
◆詳細:日本安全食料料理協会(https://www.asc-jp.com/)

【2位】管理健康栄養インストラクター

管理健康栄養インストラクターは、ビタミンやミネラル、アミノ酸といった人間に必要な栄養素や、人体をコントロールしてくれる腸内細菌などに関する幅広い知識とスキルを有する人に与えられる資格です。資格の取得には、栄養素の特徴やそれらを含む食材に精通し、食品表示を正しく読み取るなど食品への高い理解度を求められることとなります。管理健康栄養インストラクターの資格も、在宅で認定試験を受けることができます。
管理健康栄養インストラクターの資格取得後は、様々なケースに合わせて必要な栄養素を考慮に入れた正しい食生活の管理を行うことができるようになりますので、例えばアスリートや高齢者の栄養管理といったピンポイントのニーズにも対応も可能となり、健康を食生活の面から支えるインストラクターとして活躍することができます。
◆受験料:10,000円(税込)
◆詳細:日本インストラクター協会(https://www.jpinstructor.org/)

【3位】食育インストラクター

食育インストラクターは、日本に食育の考え方を広めた第一人者である服部幸應氏が理事長を務める日本食育インストラクター協会が認定を行っている資格で、食育を基礎から学び、実践的に役立たせることができ、尚且つ広く推進していくことのできる食育の指導者としての資質を有する人に与えられる資格です。食育に関する理解度や普及活動への適正などから5段階に分かれており、下位資格は推進校への通学や協会主催研修会に参加などで資格の取得が可能ですが、3級以降の上位資格を取得するには、下位資格を取得していることや認定試験の受験などが必要となります。
すでに食に関する職業に従事している方のステップアップとして、おススメの資格となります。
◆受験料:ランクによって異なる
◆詳細:日本食育インストラクター協会(http://www.npo-shokuiku.com/)

【4位】食育アドバイザー

食育アドバイザーは、食育や食の安全に関する基礎知識を有し、食育活動に必要なコミュニケーション能力を持ち合わせている人に与えられる資格です。資格の取得には、資格の認定を行っている日本能力開発推進協会の認定教育機関等で講座を受講し、認定試験を受験することが必要となります。
食育アドバイザーの資格取得後は、食育に関する基礎知識が身に付くだけでなく、食育を人に伝えるための知識やスキルも学ぶことができるので、すでに食に関連する企業や店舗で働いている方のステップアップはもちろん、食育に関する教室やカルチャースクールの講師など、地域に欠かせない食のスペシャリストとして教育的な仕事に従事することも可能となります。
◆受験料:5,600円(税込)
◆詳細:日本能力開発推進協会(http://www.jadp-society.or.jp/)

【5位】食育メニュープランナー

食育メニュープランナーはメニュー作りに特化した実践的な資格で、食育の観点から、食材を生かし年代や状況に応じたバランスの良い一汁三菜の献立を作成するための知識やスキルを有する人に与えられます。食育メニュープランナーの資格の取得には、資格の認定を行っているNPO法人みんなの食育が指定する講座を受講し、認定試験を受験する必要があります。
資格の取得後は、食を通じて心身の健康を促進するために、年齢や体調といった個々のケースに合わせた食育メニューを作成する知識やスキルが身に付きますので、教育機関の給食や病院、介護施設などの食事に関する仕事はもちろん、健康志向の方を意識したメニューや食品の開発現場など、様々な分野で活躍することができます。
◆受験料:26,760円(税込)※受講料含む
◆詳細:NPO法人みんなの食育(http://www.shokuiku.or.jp/)
食育  食育

お茶日本茶・お茶資格人気ランキング

幼児食資格幼児食マイスター認定試験口コミ評判

関連記事

  1. shikakushikenmatome

    核燃料取扱主任者ってどんな資格

    核燃料取扱主任者とは?核燃料物質を適切に加工し、使用済み核燃料の再処…

  2. フラワーアレンジメント

    日本インストラクター協会飾花インストラクター認定試験口コミ評判

    飾花インストラクターとはどんな資格?素敵なレストランやホテル、イベント会場などに飾られている色と…

  3. 口コミで評判?ヨーグルトマイスター

    おもしろい資格認定試験、見つけました。その名もヨーグルトマイスター。ヨーグルト好きにはちょっと放って…

  4. shikakushikenmatome

    移動貯蔵タンク定期点検者とは?

    移動貯蔵タンク定期点検者はどんな仕事ですか?移動貯蔵タンクとはタンクローリーやISOコンテナなど…

  5. 建築模型・住宅模型

    日本インストラクター協会認定建築模型技工士インストラクター認定試…

    建築模型技工士インストラクター認定試験はどんな試験?建築模型技巧士インストラクター認定試験は建築…

  6. shikakushikenmatome

    規律正しく階級ごとに任務に全う!自衛隊幹部候補生

    自衛隊幹部候補生自衛隊の幹部になるためには二通りのパターンがあります。まず一つは防衛…

  7. マクロビオティックマイスターは口コミで大評判

    マクロビオティックは1928年に桜沢如一氏が講習会を開いたのが始まりで、食事法でもあり、思想でもある…

  8. 建築模型・住宅模型

    【建築模型・建築模型士】副業や在宅ワークにも役立つ建築模型の情報…

    みなさんは住宅やアパートの建築模型を見たことはありませんか?実はあれを作成するのも1つの仕事なんです…

資格試験の特集

資格ランキング

PAGE TOP