臭気判定士ってどんな資格

書いて字の通り人間の五感のうち鼻を使った資格。そのため鼻が感じる臭いの感度が悪いとこの資格に合格する事は難しいと思われます。もし合格すれば工場などから排出される臭いを実際に嗅ぎトラブルなどの回避に努める一躍を担います。

就職先としては幅が広いと言えます。化粧品や化学関係の臭いにまつわる仕事で

生かされるかもしれません。今後についても色々な化学物質が出てくる可能性があり

鼻が効く限り仕事は可能です。

資格の認知度は国家資格の中では高いようです。テレビドラマなどでもこの資格の

名前が出てくるなどしているので、認知度はそんなに低くないと思います。資格の

認定は国家資格で所管しているのは公益社団法人におい・かおり環境協会です。

下水道や化粧品まで業種の幅が広いため、この資格単独での参考書などはありません。

しかし、臭いの判定を間違えると、実際は悪影響を及ぼす物質だったのに見分けられないそういった可能性もあり、いてもらわないと困るそんな存在の人になれそうです。

  • 難易度・就職・仕事の内容・年収など

資格の難易度はやや優しいと言われています。就職先としては環境関連の分析会社、化学医薬品業、機械系など業種は広く持っていれば選択肢はやや多いと言えます。仕事内容は、臭いにおけるすべての業務を行なう事が出来ます。年収は各企業の給与体系に準じるようです。この資格だけで生きていく事は難しいようで会社員として生きるための一つのスキルと言えます。

  • 受験資格・試験内容・合格基準・試験日程・受験料・合格発表日などの詳細

18歳以上であれば誰でも受験可能で、試験内容は臭気判定士試験で5項目からなる

試験と臭覚試験1から5の紙の中からその中から2つの基準臭を当てる試験です。合格基準については、主催団体のホームページを参照してください。試験は臭気判定士試験11月上旬頃、臭気検査については主催団体のホームページを参照してください。受験料臭気判定試験が18,000円、臭覚検査9,000円となります。合格発表については12月上旬頃です。

  • まとめ

国家資格扱いの割には,受験料が安いそんなイメージを持ちました。ただし取得しても収入アップが望めないので,キャリアアップして転職していきたいと考える場合には向かない資格かもしれません。

例えば、この資格を取得して、会社により資格手当が出る程度かと感じてしまいます。

しかし筆記試験だけでは無く、鼻を使った試験があるため受験日の体調などにより

良い結果が出るか出ないかが微妙な試験であると言えます。

しかし、この資格の所持者が居ないと化粧品の香りや工場の煙の臭いなどを正確に判断する事が出来ないので、科学系やプラント系には必要な資格です。また、合格してもそれで終わりという訳では無く免許更新制を取っています。そのため取得後5年を超えたら更新のため,更新半年前からもう一度臭気試験と筆記試験を受験する必要があります。

確かに年齢などにより臭いを嗅ぐ力というのは落ちてしまう事は加齢により仕方が無いと思われるので更新制というのはうなずけるような感じもしますね。自分は臭いに敏感だという人はこの資格を頭の片隅に入れておくと良いですよ。

shikakushikenmatome浄化槽清掃技術者ってどんな資格

shikakushikenmatome『揚貨装置運転士』の資格とは?

関連記事

  1. shikakushikenmatome

    建築施工管理技士ってどんな資格

    建築施工管理技士とは?鉄筋の建物に関する工事や、大工工事や内装仕上げ…

  2. shikakushikenmatome

    浄化槽整備士ってどんな資格

    浄化槽整備士とは?浄化槽工事などに対して、設計図を書くことが出来且つ…

  3. shikakushikenmatome

    市民の安全を守る!警察官(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)

    警察官(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)市民生活の治安を守るために、個人の生命や財産を保護し、犯罪の予防…

  4. shikakushikenmatome

    通訳案内士ってどんな資格

    通訳案内士とは?日本を訪れる外国人に対して、通訳を行なう人たちのこと…

  5. 食育

    おいしく安全な食事を提供!栄養士・管理栄養士

    栄養士・管理栄養士病院は管理栄養士でなければだめなのではと思われがちですが、実は問題…

  6. shikakushikenmatome

    白衣の天使!看護師

    看護師看護師は医師の診療の補助に関しての知識・能力を証明するための国家資格です。医師…

  7. shikakushikenmatome

    炎や天災から市民を守る!消防官(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・専門)

    消防官(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・専門)消防官とは、火災現場で消火防火をする公務員。全国の都道府県…

  8. shikakushikenmatome

    『一般職試験(大卒程度)』とは?

    「一般職試験(大卒程度)」とは?大卒程度の国家公務員を採用する際には、これまで「国家公務員Ⅱ種」…

資格試験の特集

資格ランキング

PAGE TOP